FC2ブログ

らーめん奏のいつ奏でるのか!?

店の告知や思うことをダラダラと。。。

3月20日はらーめん奏の創業の日

3月20日で当店は11年になります。

毎年この日は何かしら限定ラーメンを提供してきましたが、今年もやります。

鯛煮干と帆立と昆布出汁を使ったしおらーめんです。
レギュラーより豚が少し強めの動物スープと、鯛煮干して昆布、帆立貝柱でとった魚介のダブルスープに、同じく鯛煮干し、帆立、昆布、ぬちまーす等で作った塩ダレをあわせた上品なスープが特徴です。
チャーシューも愛知県産豚バラ肉の巻きチャーシューを作りました。
古くから当店を知っている方はご存知かもしれませんが、鯛煮干し、帆立、昆布のスープ、バラ肉巻きチャーシューは開業当初の当店のラーメンの特徴でした。材料、製法、味は違いますが、復刻ラーメン的な一杯になります。

周年のこの日は、ここ数年、初心を思い出す意味も込めて開業当初のレシピにちなんだ限定を提供してきましたが、今年もその流れでいきます。

バラ肉チャーシューは一人前二枚、30人前くらいしかありませんので、それ以降は通常の肩ロースチャーシューになります。

鯛煮干しの塩ダレは3日分くらいありますので、21日以降はそれを使って魚介スープの材料を変えたラーメンを提供するつもりです。

お好きなしおらーめん(大、中、小、チャーシュー麺)の食券を購入して頂き、食券を渡す際に、「限定で!」と伝えて下さい。
伝えないと通常のしおらーめんがでてきます。


毎年言ってますが、開業当初はこれ程長く店続けられると思いもしませんでした。支えて頂いたお客様と業者、同業の仲間のおかげです。ありがとうございます。

これからもゆるく、生暖かくで良いので、ご愛顧いただければ幸いです。

スポンサーサイト



10周年限定の詳細

明日、3月21日の限定の詳細です。

しおらーめん、しょうゆらーめんは、基本現在のレシピをベースに、ちょっぴりアレンジを加えたものになります。しおらーめん、しょうゆらーめんは、10年間、毎日もっとおいしくしようと試行錯誤を重ねてきたものですから、限定だからといってあまり大きく変えたくないのです。というか、どう変えれば良いかわからないというのが本音です。

とりあえずいつもの動物スープに、名古屋コーチンの丸鶏とキントア豚の前バラ骨を加えて濃度を上げてます。ちょっとだけ、いつもより厚みと甘みがあるスープになってます。

あと、豚チャーシューにはキントア豚の肩ロースを使用しました。6年前に一時期使ってましたね。この10年いろいろな豚を使ってきましたが、抜群に美味しい豚です。仕込み時のつまみ食いが止まらない危険な豚です(笑)価格もなかなか危険で、6年前当時、末端価格で某ブランド牛のサーロインと同じくらいでした。

しおらーめん、しょうゆらーめんには、このキントア豚肩ロースを塩コショウでシンプルに味付けして、低温調理したものを1枚のせます。
各チャーシュー麺には塩コショウ味のものとしょうゆ味のものが各1枚と愛知県産ブランド豚のモモ肉2枚鶏チャーシュー1枚をのせます。

明日は、しおらーめん、しょうゆらーめん、各チャーシュー麺を頼むともれなくこの仕様になります。キントア豚いらない!いつものが良い!という方は、いつもので!と注文時にお伝え下さい。

キントア豚チャーシューの追加はできませんので、あらかじめご了承下さい。
また、キントア豚チャーシューがなくなり次第、いつもの知多ハッピーポークのものにもどします。キントア豚チャーシューは、どれくらいの厚さで提供するかによりますが、80杯〜90杯分は有ると思います。


あと、ガッツリらーめんは奥美濃古地鶏ガラ、愛知県産ブランド豚肉で炊いたライト白湯スープに、春よ恋、キタホナミの1等粉にキヌアカリを配合した中太麺(通常220g大盛350g)、多めのモヤシと愛知県産豚モモチャーシューをのせた、いわゆる、二郎的なラーメンです。

ヤサイ、アブラなどマシコールはできません。大盛は無料ですので、希望される方は注文時にお伝え下さい。730円で、20杯限定です。

という訳で、10年経って、お店の場所も、ラーメンの味も、いろいろ変わりましたが「もっと美味しいラーメンを作りたい」という気持ちだけは変わりません。その気持ちの赴くままに進んでいきたいと思います。どう進んでいくかわかりませんが、今後とも、横目で時々チラチラくらいでいいので見守って下さい。よろしくお願いします。

10周年 らーめん奏クロニクル

らーめん奏は、来たる3月20日で10周年を迎えます。


10年というと、オギャーと生まれた赤ん坊が、言葉を話し、読み書きを覚え、かけ算わり算小数分数ができるようになる訳です。
当たり前のことなんですが、これってスゴイことです。

ちなみに、らーめん奏が創業した2008年というと、iPhoneなんて発売されてなく、SNSというとmixiが全盛でした。
そんなmixiでの情報発信を、元祖和製スマートフォンW-ZEROで「なんで携帯2台持ってるの?」「キーボード付いてんの。かっけー!」なんて周りに冷やかされながらしていたのを懐かしく思い出します(笑)

時代は変わりますね。年々変化のスピードが速くなってるように感じますし、この先10年はもっと激しく変化していくような気がします。


とりあえず、流行り廃りの激しいラーメン業界で10年も続けられるなんて、大変幸せなことです。自分は、お客さんを始め業者さん、知り合った同業者に本当に恵まれたおかげなのだと思います。

そんな感謝の気持ちを伝える為、また、創業日の気持ちを思い出す為に、毎年3月20日前後に周年限定ラーメンを提供しています。

今年は「創業時のメニューを今の解釈でリビルドし振り返る」をテーマに行ないます。
似たようなテーマの限定は、5周年の時、9周年の時にやっています。5周年の時は、創業レシピをブラッシュアップしたしおらーめん、9周年の時は、うちの創業レシピをモチーフに鉢の葦葉店主がアレンジしたしょうゆらーめんです。

今回は10周年ということで、盛大に、創業時のラーメンを全種類提供します。

創業時のラーメン
しおらーめん
しょうゆらーめん
ガッツリらーめん
トマトらーめん

創業時のレシピを参考にせず、今の自分が作る上記ラーメンということに今回はします。
創業時の稚拙なレシピそのままで作ると、食べたみんなガッカリされると思うので(笑)

詳細はまた追って連絡します。

とりあえず3月10日に限定20杯でトマトらーめんを提供することと、3月21日にしおらーめん、しょうゆらーめん、ガッツリらーめんを提供することだけは決めています。

よろしくお願いします。



年末年始の営業について

年末年始は以下の通り営業します。

12月29日30日は昼のみ営業

12月31日〜1月2日休業

1月3日〜通常営業

1月9日〜11日休業

ちょっと変則ですが、こんな感じになります。

よろしくお願いします。

在庫一掃大感謝祭〜あとのまつり〜

「イベリコ豚どのくらい発注します?」
「少し多めに頼んで、余ったらお店で出しても良いんじゃない。」
「そうですね。」
春日井祭りの10日ほど前、台風が発生する前、飛鶏さんとそんな話をしてしていました。

晴れる予想で多めに発注したイベリコ豚。
まさかの台風直撃で、春日井祭りは予想の半分以下しか売ることができませんでした(ToT)

でも、春日井祭り前日は、もっと売れないことも考えていたので、最悪の事態にはならなかったかなというのが正直なところです。あんな天気の中、来ていただいたお客様には感謝しかございません。

当店初のイベント出店はほろ苦いものとなりましたが、良い勉強になりました。イベントお試し体験にはちょうど良かったのかもしれません。

という訳で、イベリコ豚が大量に余ってしまったので、今週はイベリコ豚出血大サービス祭りです。
通常メニューの豚チャーシューをすべてイベリコ豚で提供します。いつもの豚が良いという方は、いつもの豚で!と注文時に伝えて下さい。

イベリコ豚を使った限定も木曜日以降提供するかもしれません。決まり次第お伝えします。

よろしくお願いします。