らーめん奏のいつ奏でるのか!?

店の告知や思うことをダラダラと。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九周年記念~復刻の彼方~(プロローグ)

3月20日で当店の開業九周年を迎えます。

これは、事あるごとに言っていますが、

こうして店を続けていられるのは
来て頂いたお客様のおかげなのであります。
ありがとうございます。

これからも、ココロかカラダが折れない限り、精一杯自分が思う美味しいラーメンを提供し続けたいと思っていますので、何とぞよろしくお願いいたします。


毎年、周年記念で提供している限定ラーメンですが、今年はコラボ&出張することになりました。

三重県四日市市「鉢の葦葉」というお店の、店主の堀さんに昨年末に「らの道」という企画でコラボしない?と声をかけて頂いて、偶々打診された日が3月20日で、
奏「その日うちの九周年なんですよ。」
鉢「じゃあ、九周年アニバーサリーということでラーメン作ろう。」
奏「じゃあ、うちの開業時のレシピでラーメンリメイクしてくださいよ。」
鉢「ああ、いいよ。」

なんて感じで今回の限定企画が決まりました。


というわけで、九周年記念は、奏の開業時のレシピをもとに鉢の葦葉の店主がリメイクしたしょうゆらーめんです。場所は鉢の葦葉で提供します。

鉢の葦葉の店主堀さんは、脱サラして、独学で自分のらーめんを創りあげ、無化調清湯スープに国産小麦の自家製麺にこだわっていると、うちとの経歴、ラーメンの方向性に共通点が多く、生まれ年も開業も2、3年うちより早いので、僕が勝手に、一方的にアニキと慕っている人であり、お店です(笑)。きっと開業からの苦労は自分と同じような経験を、ちょっと高いレベルで味わって来てるんだろうと思います。

だから、今回のコラボの話を頂いたときはとても光栄でしたし、九周年としてコラボするにあたって、開業時のレシピのリメイクしてもらおうというアイデアがすぐに思い浮かんだし、レシピを渡すことに全く抵抗はありませんでした。

うちの開業時のレシピは、ラーメンマニアの素人が「誰も作ったことのないラーメン作ったる!」という意気込みだけが前のめりに詰まった変わったラーメンでした。

当時は、自分でも何か違う、でも、どうしたらいいかわからない、そう思いながら作ってました(笑)。結局半年くらいしかそのレシピは使っていません。

そんなどこに出しても恥ずかしいレシピを堀さんがどうアレンジしてくれるのか?という好奇心で今はいっぱいです。

当店五周年の時に、開業時のしおらーめんは自分でリメイクして無事美味しく成仏させられたので、堀さんにはしょうゆらーめんをお願いしました。

鯛煮干をメインにしてたので、しょうゆらーめんとして仕上げるのは難しいんですよね(^^;

作る人間が変われば、同じラーメンでも全くべつものになると思います。

楽しみしかないです。

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://assa1975.blog.fc2.com/tb.php/60-db525e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。